昨今のIT業界で求められる素養とは?

IT関連職の人材と聞けば、どうしても高い知識とスキルを兼ね備えた専門性の高いエンジニアを想像してしまいます。実際、そのような人材しか行えないような業務があるのは事実ですが、必ずしもそれがIT業界が求める人材の全てではありません。

ITエンジニアの仕事の中には、例えば簡単な機器の設置や運搬、マニュアル従うだけで行えるソフトウェアのインストールなど、あまり知識や経験を問われない業務もあります。働こうとする意思さえあれば、誰でも勤まるだけの裾野の広さがあると言えるでしょう。

さらに昨今は国が政策的に企業のダイバーシティ経営を推進し、IT業界においても多様な働き方ができるようになってきたことから、子育て中の女性なども活躍できる職場環境の整備が進められてきています。他方、裾野が拡大して多様な働き方ができるようになったIT業界で実際に就労する人材として、備えておきたい素養にも変化が見られるようになってきました。

その素養とはつまり、コミュニケーション能力です。ダイバーシティ化が進む以前はIT関連の仕事は専業性が高く、他人と意思疎通を図る必要があまりありませんでしたが、近年では一つのプロジェクトに対して多数に人間が関わるようになってきたため、職務遂行に当たってコミュニケーションを図ることは必須になってきています。

女性は男性と比較してコミュニケーション能力が高い傾向があるため、そうした面からも昨今のIT業界は女性が活躍できる職場だと言えるでしょう。
IT業界においての女性の活躍についてまとめられている参考記事>>>女性の活躍を応援する会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です